睡眠一覧

小学生の身長の平均ってどのぐらい?

小さな子供の成長は、個人差が大きいという特徴があります。

 

小学生の平均身長

そのため、身長の差も大きくなりやすいので注意が必要です。小学生の身長の平均は、6歳の男子で116.5センチ、12歳では152.6センチほどになります。これに対して女子は、6歳では115.5センチ、12歳では151.8センチほどになってきます。

身長の標準範囲は、平均身長に対してプラスマイ10センチほど前後します。6歳の男子の場合では平均が116.5センチですが、標準範囲は106.8センチから126.2センチになり、約95%の子供のがこの範囲におさまります。ですので、標準範囲の間にいる場合は、極端に背の低いことに悩まなくでも大丈夫です。

 

背を伸ばすには生活習慣の改善

これを踏まえて、今よりも背を伸ばしたいと思ったら、生活習慣を整えることからはじめましょう。適度に運動を行い、睡眠をたっぷりと取ることで、骨の成長を促すことができます。これに加えて、栄養バランスのいい食事を心がけることも大切です。

背を伸ばすためには、カルシウムの摂取がポイントになってきます。牛乳やチーズ・ヨーグルトなどの乳製品には多くのカルシウムが含まれていますが、小松菜やホウレン草などの野菜にもカルシウムは含まれています。さらにイワシや桜エビなどもカルシウムが豊富なので、摂取するように意識してみましょう。

さらに、カルシウムの吸収を高める食事をすることも大切です。カルシウムの吸収を高めるためには、ビタミンDとビタミンKを補うことがポイントになってきます。ビタミンDが豊富な食材には、ヒジキやちりめんじゃこなどがあります。小松菜やホウレン草は、カルシウムだけではなくビタミンKも多く含まれているので、背を伸ばしたい子供に最適な食材と言えます。

これらの食事は、成長期である子供のうちにおこなうことで、背を高くする効果が得られやすくなります。ですので、小さなうちから好き嫌いをせず、バランスのいい食事をすることが大切です。