身長一覧

身長を伸ばす食べ物ってどんなものがあるの?

身長をもう少し伸ばしたいという悩みは、成長期の子供はもちろん、大人になった男性や女性でも抱えることが多いです。

背の高い低いは親からの遺伝が深くかかわってきますが、それと同じように生活習慣も重要になってきます。特に食べ物による影響が大きく、なにをどのタイミングで食べるかを見直すことで、身長を伸ばすことが期待できます。

 

背を伸ばすためには骨を太くする

食べ物によって背を伸ばすためには、骨を太くすることを意識してみましょう。骨を太くするためには、まずはカルシウムが豊富に含まれている食材を覚えることがポイントです。牛乳やヨーグルト・チーズなどの乳製品には、多くのカルシウムが含まれていますが、それ以外にもホウレンソウやチンゲン菜・小松菜などの野菜にも含まれています。

さらに、ひじきやイワシ・桜エビなどの海産物にも、多くのカルシウムが含まれているので、上手に利用して摂取するのがおすすめです。

身長を伸ばす食事は、ただ単にカルシウムを補うだけではなく、カルシウムの吸収をアップさせる食べ物と摂取することが重要なポイントになってきます。カルシウムの摂取をアップする栄養素の代表的なものが、ビタミンDとビタミンKの2種類です。

ビタミンDはサケやちりめんじゃこ・サンマなどに多く含まれています。これに対して、ビタミンKは納豆や鶏もも肉などが非常に豊富です。ホウレンソウと小松菜は、カルシウムと同時にビタミンKもたくさん含まれているので、身長を伸ばしたいという人に最適な食べ物と言えます。

 

インスタント食品の食べ過ぎは厳禁!

背を高くしたい場合は、インスタント食品の食べすぎに気をつけることも大切です。

何故なら、インスタント食品にはカルシウムの吸収を阻害するという性質があるリンという成分が多く含まれているからです。

せっかくカルシウムを摂取したのに、リンによってその吸収が少なくなってしまっては意味がないので、インスタント食品の摂取は控えましょう。これに加えて、適度に運動をすることで、骨を丈夫にすることが期待できます。


小学生の身長の平均ってどのぐらい?

小さな子供の成長は、個人差が大きいという特徴があります。

 

小学生の平均身長

そのため、身長の差も大きくなりやすいので注意が必要です。小学生の身長の平均は、6歳の男子で116.5センチ、12歳では152.6センチほどになります。これに対して女子は、6歳では115.5センチ、12歳では151.8センチほどになってきます。

身長の標準範囲は、平均身長に対してプラスマイ10センチほど前後します。6歳の男子の場合では平均が116.5センチですが、標準範囲は106.8センチから126.2センチになり、約95%の子供のがこの範囲におさまります。ですので、標準範囲の間にいる場合は、極端に背の低いことに悩まなくでも大丈夫です。

 

背を伸ばすには生活習慣の改善

これを踏まえて、今よりも背を伸ばしたいと思ったら、生活習慣を整えることからはじめましょう。適度に運動を行い、睡眠をたっぷりと取ることで、骨の成長を促すことができます。これに加えて、栄養バランスのいい食事を心がけることも大切です。

背を伸ばすためには、カルシウムの摂取がポイントになってきます。牛乳やチーズ・ヨーグルトなどの乳製品には多くのカルシウムが含まれていますが、小松菜やホウレン草などの野菜にもカルシウムは含まれています。さらにイワシや桜エビなどもカルシウムが豊富なので、摂取するように意識してみましょう。

さらに、カルシウムの吸収を高める食事をすることも大切です。カルシウムの吸収を高めるためには、ビタミンDとビタミンKを補うことがポイントになってきます。ビタミンDが豊富な食材には、ヒジキやちりめんじゃこなどがあります。小松菜やホウレン草は、カルシウムだけではなくビタミンKも多く含まれているので、背を伸ばしたい子供に最適な食材と言えます。

これらの食事は、成長期である子供のうちにおこなうことで、背を高くする効果が得られやすくなります。ですので、小さなうちから好き嫌いをせず、バランスのいい食事をすることが大切です。